なかなか売れないケース

 

自宅がなかなか売れない時にはどうすれば良いのか?

 

自宅を売る場合には少しでも相場よりも高く売りたいと思うのが普通ですが、実際に自宅を売却するとなるとなかなか売れないことがあります。たとえば2000万円が相場なので2200万円で売却をしたいとしてもなかなか買い手がつかないことがありうるのです。現実は甘くないと言ってしまえばそれまでですが、それでも少しでも有利に売却をするためにはできることはすべてしておきたいところです。

 

まず、基本的にはずっとそのままの値段で売り続ければいつか売れるのだろうかという疑問ですが、売れることもありますし、売れないこともあります。自分の住宅が載っているチラシがある場合、そのチラシを見る人は毎回同じではなく常にその情報を見る人は変わりますので、売れることもあります。

 

また、前にチラシを出したときにはあまり興味がなかったけど、今見ると魅力的に感じて購入希望者が現れるかもしれません。

 

ですが、そのようなことはあまりなく、実際にはチラシに掲載されたり不動産会社のホームページに掲載されている期間が長ければ長いほど売れなくなっていくのです。なぜなら、購入する側は長い期間掲載されている物件には何か訳があるのではないかと勘ぐってしまうからです。

 

自宅がなかなか売れないときの対策で手っ取り早いのは、素直に価格を下げることです。半年掲載してだめなら100万円下げてみるのがいいでしょう。また半年経過してもだめならさらに100万円下げることです。このように、少しずつ自宅の売却価格を下げるしかありません。

 

もう一つは不動産会社を変更するという方法があります。普通、売却をするときには特定の不動産会社を選びますが、その不動産会社は何を得意としているのかによって売却がうまいときと下手なときがあるのです。たとえば、自宅が一戸建て住宅の場合には一戸建て住宅をメインで販売している不動産会社を選ぶべきで、マンション売却を得意としている不動産会社ならば会社を変更した方がいいでしょう。