高すぎる自宅査定価格

 

高すぎる自宅査定価格を提示してくる不動産会社は注意?

 

自宅を売却したいといった場合には多くは不動産会社に仲介を依頼することになりますが、仲介を依頼する前には査定を受けることになります。これは不動産会社がその物件を売却するさいの目安となる金額を提示することで、その金額を目標に買い手を探すために必要なことです。多くの場合には査定の結果によって不動産会社と売買の仲介契約を結ぶことになります。しかし、不動産会社による査定は決して公正に行なわれるわけではないため注意が必要です。

 

例えば売り手としては少しでも高く売れることが望みであり、査定価格が高い不動産会社ほど高く自宅を売却してもらえるように思え魅力的に感じます。このため査定額が高い不動産会社を契約先として選びがちになりますが、実際にその提示された金額で売れるかどうかは別の話になります。つまり、高い価格を提示されても売れるとは限りません。しかし、少しでも顧客を得たい不動産会社としては、適正価格よりも高い査定を出すことで顧客を得ようとしてくるケースがあります。特に素人にとっては不動産の相場はわかりにくいため、どうしても高いところの不動産会社を信じてしまう傾向にあります。

 

しかし、実際の不動産取引では金融商品と異なり簡単には売買することができない金額で取引されます。まとまった土地であれば、100万円以上するのが一般的ですし立地の良い場所ともなれば1000万円を超える取引額になります。このため買い手としても少しでも安く買うことを望むため、よほど好条件でなければ相場以上の価格で売れることはありません。流動性のある地域の不動産であれば相場価格が提示されますが、流動性の低い地域では少し低めの価格を提示するのが一般的です。

 

このため自宅を売却するさいには、不動産会社の査定額を鵜呑みにするだけでなく適正な相場を知ることが必要ですし、いずれにしても、相場よりも明らかに高すぎる査定額を出してくるような不動産会社には注意が必要です。