不動産売買には、両手仲介というものがあり、問題視されています。

 

自宅売却の時の「両手仲介」って何か問題あるの?

 

両手仲介というのは買主の仲介業者と売主の仲介業者が同じ会社のことをです。これだけでは何が問題なのかがわかりにくいですので、具体例を出して説明していきます。

 

まず、自宅を売却したいとします。自宅を売却する場合には、知り合いや親族間でのやりとりであればわざわざ仲介業者である不動産会社を間に挟むことはありません。仲介業者を間に挟むと仲介手数料を支払わなければならなくなるからです。ですが、買い手が身近にいない場合には不動産会社に仲介をしてもらうしかありません。そうでないと自分でチラシを作って新聞などに折り込んだりポスティングをしたりして買主を探す作業から始めなければならないからです。その作業の甲斐むなしく購入希望者はなかなか個人で売りに出している住宅を買おうとは思わないはずです。

 

やはり、売買契約で何らかのトラブルに巻き込まれる可能性を感じているからです。個人で売却をすることができなければ不動産会社に頼むしかありません。この時の不動産会社をA不動産とします。もし、売り主は物件が売れた場合にA不動産会社に仲介手数料を支払わなければならないのです。その物件はレインズに紹介され、購入希望者が表れると普通は別の不動産会社がその物件を購入希望者に売ります。この不動産会社をB不動産会社とします。この時にも購入希望者が購入するときには仲介手数料をB不動産会社に支払わなければなりません。当然B不動産会社は儲かります。 

 

では、もし、A不動産会社が売り主の仲介をして、なおかつ購入希望者の仲介もしたら二倍仲介手数料をもらえることになります。ですが、そのためにはその物件を非公開にする必要があるか、公開しても現在交渉中であると嘘をつくことで、多くの人がその物件を目にすることができなくなると言う問題が生じるのです。要はA不動産会社の独占状態になり、売り主としては売却の機会も失われることになります。

 

このような理由から両手仲介は問題であるのです。