せっかく買った自宅マイホームでも、事情により手放さなければならないこともあります。

 

住宅ローンが残ってても自宅は売却できる?

 

ローンを完済し完全に自分の持ち家になっている場合はさほど問題はありませんが、ローンが残っているうちに売らなければならなくなった場合、どうなるのでしょうか。

 

普通に考えれば当たり前のことですが、ローン残高よりも売却価格のほうが高い場合、その差額を自ら一括して現金で用意する必要があります。例えばローン残高が2000万円で売却価格が1500万円の場合、差額の500万円を用意しなければなりません。そうしないと売ることはできないわけです。しかし、いくら当たり前のこととは言われても、現実にマイホームを手放さなければならない事情を抱えている人が、それだけの金額を用意することは実際には困難なことが多いでしょう。

 

では、売るに売れず、ローンの返済を続けていくしか方法はないのでしょうか。実は、方法があります。任意売却と呼ばれるのがその方法です。

 

これは、ローンを借りている金融機関の同意をもらった上で、時価相場により売却し、ローン残高との差額は一括ではなく分割で支払うという方法です。一括ではなく、分割で支払うことができるのが通常の売却との大きな違いです。

 

ここで心配なのが、金融機関の同意です。あの金融機関が、簡単にそんなことを受け入れてくれるものでしょうか。もちろん、金融機関に何のメリットもなければ、同意することはありえないでしょう。ですが、実はメリットがあるのです。

 

それは、万一この先、月々のローンの支払いにも困るような状況に陥ってしまった場合です。その場合、金融機関としては、ローン残高を回収するためには、自宅を競売にかけるしか方法はありません。それは金融機関にとっても面倒な手続きである上に、通常、競売価格というのは時価相場価格よりもはるかに低く、結果的に、思ったほどローン残高を回収できないことが多いのです。ですから、金融機関としても競売に陥ることは避けたいと思っており、任意売却の相談に応じてくれる余地があるわけです。