自宅の売却を内緒で

 

近所・親戚などに知られずに自宅は売却できる?

 

自宅を売却するにあたっては、さまざまな理由が考えられますが、単に仕事で転勤になったり、子供が成長して間取りが手狭になったということではなく、借金の清算、生活苦などといった、ネガティブな理由によることもときにはあるものです。こうした場合、自宅を売却することを、近所や親戚には事前に知られないようにしたいと思うのは人情というものですが、それでは秘密に売却をすることが可能かといえば、不可能ではないものの、ある程度気をつけておきたい点もあります。

 

このような場合、不動産会社に対して売却の仲介を依頼することになりますが、かならず近所や親戚に知られないようにするという意向をじゅうぶんに伝えることが必要です。不動産の売却情報は、レインズとよばれる情報システムに登録され、基本的には全国どこにある不動産会社でもその情報が引き出せるようになっています。

 

特に、専属専任媒介契約、専任媒介契約とよばれるような、特定の不動産会社だけが物件の契約手続きや広報宣伝などを取り扱うような仲介方法にしている場合には、このレインズへの登録は必須となっています。

 

そのため、近所や親戚に内密にしたいのであれば、不動産会社に依頼をするのにも、レインズ登録は任意の一般媒介契約という方式をとる必要があります。この一般媒介契約は、他の方式とは違って、複数の不動産会社が仲介できることになっていますので、不動産会社としても多くの手数料を得られる保障がなく、あまりモチベーションが上がらないものです。

 

また、レインズに登録しない以上は、不動産会社がもっている独自のコネクションを利用したり、たまたま地域で購入できそうな不動産を探している人に声がけをしたりということになりますので、売却先はかなり限定されてきます。そのため、はじめから親身に対応してもらえ、地域の事情に明るく、これまでの業績のなかでコネクションを積み上げてきたような不動産会社を選ぶということがたいせつになってきます。