自宅売却の流れについて

 

自宅売却のために不動産会社はどんな広告活動をする?

 

自宅を売却する流れとしては、買取ってくれる相手を見つけることが重要になります。また自分で買い手を見つけたとしても手数料は掛かるものの不動産会社に仲介を依頼する方が双方ともにトラブルを避けることができます。

 

一方で自宅を売却するさいにネックになるのが買取ってくれる相手を見つけることです。このため不動産会社に売却を依頼した場合には不動産会社は買い手を見つけるために広告活動を行います。不動産会社に売却を依頼した場合には、まずは物件の価格の査定を行いある程度の売却見込み額が提示されます。この見込み額に納得した場合に媒介契約を結び、それに基づいて不動産会社は広告活動を行います。

 

不動産会社が行う広告活動としては不動産会社同士が閲覧することができる不動産流通機構への登録が行われます。不動産流通機構への登録はほぼ行われますし、またその不動産会社への契約で専任媒介とした場合には登録が義務付けられています。いずれにしても不動産流通機構への登録をすることで、その物件が売却希望物件であることを業界内に周知する役割があります。
一方で一般的な広告活動では店頭での掲示やダイレクトメールの送付、見込み客への紹介やチラシのポスティング、新聞への折込広告、インターネット広告への掲示などが行われます。また住んでいない自宅などの場合には売却を希望しているといった掲示を行います。

 

ただし、これらの活動は売り手に配慮して行なわれるため、店頭で掲示しなかったり、ダイレクトメールやチラシ、インターネット広告への掲載を行わなかったりもできます。特に秘密で売りたい人の場合には折込チラシなどは周囲に知られるため適していません。一方でインターネット広告の場合には積極的に不動産を探している人が閲覧するため成約率が高いといったメリットがあります。なお、これらの広告活動の費用は不動産会社が基本的には負担しますが、一部の不動産会社では別途費用を請求する場合があります。