自宅を売却するか?貸すか?

 

自宅を売却するか?貸すか?迷っている方へのアドバイス

 

引越しなどで元の自宅が不要になった場合、有効活用する方法として売却、もしくは賃貸として貸し出す方法があります。どちらを選ぶかで迷った時には良し悪しを知って適した方を選ぶようにしましょう。

 

売却するメリットは現金化ができるのが大きなメリットと言えます。物件の価値によっては高価格で売却することができますので、新しい住まいを購入するなどの際には売って資金にするのも一つの選択肢です。

 

しかしながら売却した場合ですと当然、他人の手に渡ったり時には解体されてしまいますので、思い入れのある自宅ですと手放すことによって後悔をしてしまうことになるかもしれません。

 

賃貸にする場合のメリットとしては家賃収入を得られることです。物件のレベルによっては家賃も高く取ることができますからある程度の収入に期待することができますし、それが老後だったりすると一つの安心感に繋がると言えます。

 

自宅をそのままの形で残すことができるのも大きなメリットです。売却をする場合はなくなってしまう可能性がありますが、賃貸として利用する場合ですと現状を維持することができます。また、そのままの状態で残しておくことによって将来的に住むことが可能です。その為、いつか戻る可能性がある時には賃貸として貸し出した方が良いと言えますし、人に住んでもらうことによって建物の維持をしてもらえることになりますので一石二鳥とも言えるでしょう。

 

デメリットは必ずしも借り手が見付かる訳ではないことです。魅力的な物件の場合ですと入居希望者が現れる可能性がある一方で、そうではない物件ですといつまでも空き家になってしまう可能性も否定できません。そして空き家状態でも固定資産税が掛かりますし、人が住まない状態が続くと建物も悪くなってしまって無駄に劣化させることもあるのです。

 

売却にも賃貸にも良い点、悪い点がありますので一概にどちらが良いとは言えませんが、双方の良し悪しを踏まえて決断を下しましょう。