自宅売却時の費用

 

自宅を売却する時にはどんな費用が必要になるのか?

 

自宅を売却した場合は次のような費用がかかります。例として3,000万円で買った家を2,000万円で売ったケースで見てみます。

 

@不動産仲介手数料:不動産会社に売却を仲介してもらった場合は、仲介手数料がかかります。計算式は取引価格×3%+6万円+消費税で、712,800円A抵当権抹消登記費用:土地・建物にそれぞれ1,000円かかるので計2,000円+司法書士費用1万円(事務所によって多少前後します)B印紙税:15,000円C繰り上げ返済(ローン残債がある場合)事務手数料:5,400円(会社によって異なります)D譲渡益課税:こちらは、売却額が買値より高いか低いかで変わってきます。買った時よりも高く売れた場合は、確定申告が必要となります。所得税・住民税がかかりますが、控除もあるので、利益のすべてに課税されるわけではありません。逆に安く売却した場合は税金はかかりません。その場合は、他の申告所得が課税されるケースに該当すれば、還付を受けることができるので、確定申告は必ずする必要があります。

 

ただし、譲渡価格が3,000万円以下の場合は税金がかかりません(特別控除が3,000万円受けられるため)ので、上記の2,000万円の例では無税ということになります。したがって、上記2,000万円で売却した場合にかかる費用の合計は730,200円となります。
さて、問題は住宅ローンの残債ですが、売却額2,000万円に経費730,200円を足した、20,730,200円以上の価格で売却しなければ完全には清算できないことになります。

 

以上はスタンダードな費用のみですが、このほかに売却の仕方によって発生する特別な費用があります。ひとつはリフォームを条件にしている場合にかかるリフォーム代と、土地を実測して売る場合にかかる測量代などです。最後に、売った場合は当然引っ越さなければならないため、引っ越し代がかかるのはいうまでもありません。