不動産業者と媒介契約を結ぶ

 

自宅を売る時の不動産業者との媒介契約について解説

 

自宅を売却するために不動産業者に仲介を依頼する場合には、不動産業者と媒介契約を結ぶことになっています。この媒介契約は
不動産の取引について規定した宅地建物取引業法により決められている契約で、この契約に基づいて不動産業者が行う広告宣伝や売却が成立した場合の事務処理などについて執り行うことになります。この媒介契約にはいくつか種類があり、その種類によって不動産業者や売主が受ける制約も異なってくるので注意が必要です。

 

媒介契約には専属専任媒介契約と呼ばれるもの、専任媒介契約と呼ばれるもの、一般媒介契約と呼ばれるものが有ります。このうち、専属専任媒介契約と専任媒介契約はほぼ同じ内容で、契約を結んだ不動産業者のみがこの物件に関する仲介行為を行うことを規定する契約です。他の不動産業者に再委託したり、他の不動産業者が見つけてきた顧客を再仲介して契約をすることが禁止されているため、事実上契約した業者のみが契約行為を行える契約となります。このうち、専属専任媒介契約は売主本人が見つけた場合であっても契約した不動産業者が仲介しないといけないのに対し、専任媒介契約は売主本人が見つけた相手のみ契約した不動産業者が介在しなくても契約が成立するといった違いが有ります。

 

対して一般媒介契約は複数の不動産業者と媒介契約ができ、また売主が自分で見付けた相手に対しては不動産業者を仲介しなくても契約が出来るため、非常に縛りが少ない契約です。

 

このように自宅を売却する際に不動産業者と契約する媒介契約には複数の種類が有りますが、それぞれに特長があります。専任媒介契約は一社に固定する為その業者が売却に力を入れてくれれば比較的早く売却ができますが、そうでない場合にはなかなか自宅が売却できず、さらに他の不動産業者にも痛くできないといったデメリットが生まれる危険も有ります。しかし一般媒介契約では多くの業者が仲介することができ売却のチャンスが広がる反面、業者自身が専任媒介契約を優先する傾向にあるためなかなか売却チャンスが生まれにくいといったデメリットがあり、状況を見ながら判断することが重要になります。