不動産投資ローン

不動産投資をこれからはじめようとする場合、まずは投資対象となるマンションやアパートなどの不動産物件を購入するところからはじめなければなりません。そのため、他の投資方法にくらべて、初期費用としてかなりの金額が求められるというのが、不動産投資のネックであり、すでに土地や建物を持っていて、その活用方法を模索しているという人たち以外には積極的に浸透しない原因にもなっています。

 

しかし、自己資金がわずかであったとしても不動産投資をスタートできる方法はあり、それが不動産投資ローンを組むということにほかなりません。同じく不動産投資ローンを組むのであれば、そのメリットとデメリットを十分にふまえた上で、かしこく利用したいものです。

 

不動産投資ローンを組む上での最大のメリットは、適正なレバレッジ効果が期待できるということにあります。これは、てこの原理で重い物を動かすのと同じように、少ない資金であっても大きな投資対象を運用することができるということです。ローンによる借入額が大きければ、自己資金として用意していた金額だけで物件を購入して運用するよりも、より大きな収益を上げることが期待できます。

 

そのいっぽうにおいて、ローンを組んでしまうと、月々の利息を支払わなければならず、金利が変動する状況によっては、この金利の支払いだけでも相当な金額になってしまうことがあるというデメリットがあるため、あくまでも将来の返済をみすえた適切な水準のローンにするということが不可欠となります。

 

また、不動産物件というのは、ローンを使っていったん購入してしまうと抵当権がついて売却が難しい反面、市場原理によっていくらでもその価値が下落してしまうことがあるという特性をもっています。

 

したがって、売却しようと考えたときには、すでに価格の下落が進行していて、ローンの残債のほうが売却価格をはるかに上回ってしまうという事態になってしまうリスクも想定されます。