不動産投資でもっとも注意しなくてはならないことは、パートナーとなる不動産業者の選定です。

毎月安定した家賃収入が見込め、長期的に資産形成できるのが不動産投資ですが、「安定」「長期」というメリットがある反面、リスクもあります。自分自身で管理したい、不動産業者へ支払うお金を節約したい、という気持ちは理解できますが、リスクを考えると頼れるところは頼ったほうが安心です。

 

不動産投資の主なリスクには、資産価値の下落、入居者の不在、家賃滞納などのトラブル、老朽化、金利の上昇があります。

 

不動産投資には、これらのリスクを抱えながら運用するというデメリットがあります。これらのリスクを個人で管理することは、非常に大変なことです。ですので、投資する際のポイントは、信頼できる不動産業者を検討し選び、利用するということです。

 

全ての不動産業者が信頼できるとは限らず、不動産業者の選定に失敗し損をするというケースも少なくありません。

 

手数料が安く利回りの高い物件を紹介されて思わず契約したが、後日その不動産業者とは連絡がとれなくなった、というケースがあります。また、ファミリータイプの方がワンルームタイプよりも家賃収入があるからとしつこく勧められ購入したが、購入金額はワンルームタイプの何倍もかかるのに、家賃は何倍も上がらない、ワンルームタイプよりも修繕費がかかるし、修繕期間が長く空室期間が増え、実際の利回りが低かった、というケースもあります。

 

長期的に安定した家賃収入を得ていくためには、じっくりと時間をかけて不動産業者を選び、パートナーとして相談しながら投資していくのが、ポイントです。とくに、パートナーとなる不動産業者が潰れないかは、重要です。サブリースで空室保証を受けられても、不動産業者が倒産してしまえば、収入が激減してしまいます。
資本金や財務状況、企業の歴史や評判から、健全でアフターサービスのしっかりしている不動産業者を見極めることが、重要となります。