「仲介」と「買取」

 

自宅を売却するには「仲介」と「買取」の2種類ある?

 

自宅を売却する際には、不動産屋に依頼するのが一般的ですがその不動産屋に依頼する場合にも大きく分けて2つの方法が有ります。一つは仲介と言われる方法で、もう一つは買取と言われる方法です。

 

仲介とは不動産屋が物件を買主に紹介するという形で、売買契約は売主と買主の間で行われ、不動産屋は仲介手数料と呼ばれる手数料で利益を上げる方法です。不動産屋に物件の売却を相談すると殆どの場合にはこの仲介の形で契約が行われることが多いものです。

 

その理由は、仲介の場合にはその物件が売れなくても不動産屋のリスクが少ないからです。物件を売却するための広告宣伝やその他の紹介活動などは行いますが、実際に物件が売却されても契約書に記載されている以上の仲介手数料を取ることもないため、余り利益にならないと感じる人も多いものですが、その分売れなかった場合のリスクも少ないため、多くの場合にはこの方法がとられることが多いものです。但し、この仲介は不動産仲介業者の免許を持っている物しか出来ない行為でもあるため、多くの不動産屋はこの方法をよることが多いのです。

 

一方、買取は物件を不動産屋自身が買取り、所有権を自分に移して自分で販売するものです。この方法の場合には物件を非常に安く手に入れることが出来るほか、中にはリフォームして新たに中古住宅として販売する不動産屋も増えています。特に中古住宅を買取りリフォームして売却する方法は効率的に住宅を手に入れることが出来るということで非常に人気が高く、最近ブームになっているためこのような物件を取り扱う業者も増えています。しかし、不動産屋にとっては自分に所有権が有るため売れなかった場合には買い取った費用が損失となるというリスクが有ります。

 

自宅を売却する場合には、基本的には仲介の形で不動産屋に依頼する方が望ましいものです。仲介の場合には当初は価格を高く設定し、売れなければ安くするという方法で出来るだけ高く売ることが出来るからです。