まずは自宅の売却価格の相場を知るのが大事

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

自宅を売りたいと思ったら、まずは不動産会社に自宅を査定してもらうのが最初の一歩。

 

しかし、あらかじめ売却価格の相場を知っておかなければ、不動産会社に提示された売却価格が妥当なものなのかも分からず、ただ不動産会社の言いなりとなってしまって、後で後悔することもあるので注意が必要です。

 

自宅の売却価格の相場を知るには「不動産一括査定サービス」を使いましょう。複数の仲介業者があなたの自宅を査定してくれるので、売却値段の相場がすぐに分かります。

 

査定額は仲介業者によってまちまちで、数百万円単位の違いがあることもあります。出された査定額やサービス内容、担当者の対応などを比較して、自宅売却の際の不動産会社選びをするようにしましょう。

 

家の売却相場はいくら?詳しくはコチラ

今すぐ自宅を売る予定がなくても、相場価格は知っておきたいもの

「今すぐには自宅を売却するつもりはない。」
「予想していた金額よりも高い売却価格で売れそうだったら売ろう。」

 

こんな方の場合も、不動産一括査定サービスをとりあえず使ってみることができます。

 

いくらぐらいの査定価格がつくのかを知っておくだけで、今後の選択肢の考え方にも幅がうまれてきます。残っている住宅ローンの額よりも高く自宅が売れることが分かるような場合においては、精神的ゆとりが生まれることもあります。

自宅売却の流れ

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

マンションや一戸建て・土地などの不動産を売却する機会というのは、よほど富裕層の方や不動産投資をしている方以外の一般の方の場合、一生のうちに1度・2度あるかどうかというところでしょう。

 

なので分からないことも多く、とまどう方も多いかと思います。そんな方のために、今後の自宅の売却の簡単な流れをまとめておきます。

 

(参考)マンション売却相場を知る方法※家の査定で失敗しないために

まずは不動産一括査定サービスで相場をつかむ。

自宅の売却のすべては、ここから始まります。どのくらいの値段で売れそうなのかを知らないと何も始まりません。

 

査定額を知らないと、新しいマンションや一戸建てを購入して引っ越すつもりの方の場合にも、どのくらいの予算をさけるのか、ということがはっきりせず、新居選びも気持ち良く進めていくことができません。

 

ですので、自宅を売却することを決めた段階、というよりももっと早い段階、自宅の売却を検討し始めた段階で、一括査定だけはすませてしまうのが良いでしょう。別に査定してもらったからといって、不動産会社も自宅の売却をせかしたりはしません。まずは相場価格を調べるつもりで気軽に査定してもらえばOKです。

不動産会社を選び、媒介契約を結ぶ。

一括査定をしてくれた不動産会社の中から1社選んで、媒介契約を結ぶことによって、自宅の売却が正式にスタートすることになります。

 

この際、一括査定で高い査定額をつけてくれた仲介業者と媒介契約を結べばいいと思いがちですが、それが一番イイのか?というとクエスチョンマークがつきます。

 

あなたの自宅にいくらの査定価格をつけてくれたのか?はあくまで不動産会社選びの1つの判断基準にすぎません。査定価格と実際の売却価格は違うからです。設定した査定価格で広告活動を行って買主さんを探すことになりますが、それでなかなか売れない場合には、値段を下げなければいけないというケースもあります。

 

ですので、実際に各不動産業者の担当者と話してみて、ここだったら自宅を売るための広告活動もしっかりやってくれそうだし、担当者さんと話してみた感じの相性も良さそうだ・・・という判断基準も持っておくようにします。

 

あなたが売ろうとしている自宅と、場所・価格帯が近い物件の販売実績が豊富であることなども、自宅の売却を安心してまかせられる1つの基準となってくれることでしょう。

販売活動がスタート。

不動産会社によって、あなたの自宅を売却するための宣伝活動が始まります。ここからはあなたの自宅を買いたいという希望を持っている人がいつ現れてくれるのか?と楽しみになる時期でもあります。(一定期間経過したのに全然売れそうにないとなるとへこみますが。。。)

 

宣伝方法としては、ホームページ・情報誌・レインズへの掲載、チラシなどが一般的。

自宅売却前の査定価格はどのように算出されるのか?

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

自宅を売却する時は不動産業者に査定を依頼するのが一般的です。査定はあくまでも不動産業者が算出基準により出すものです。実際の売買は買主と売主が合意した価格で行われます。不動産業者に査定を依頼する目的は、実際に仲介を依頼する不動産業者を決めるためです。

 

通常は自宅を売却する場合は複数の不動産業者に査定を依頼して、査定価格が高く、信頼できそうな業者に仲介を依頼することになります。査定価格は統一された方法により行われますが、必ずしも客観性の無い事項については、不動産業者の裁量に任せられます。

 

一般的な査定価格の算出は次の手法で行われます。周辺の類似物件で取引事例がある場合はその価格を参考に、売却予定の住宅と比較して、増額要素と減額要素を加味して査定が行われます。また、土地の公示地価や建物を現在建てるとした場合の新築価格から経年分の減額をして求める方法もあります。

 

一般的な査定価格は実際の建物を見なくても算出が可能なため、業者間ではあまり査定価格には差が出ません。実際に仲介を依頼する業者が決まれが、実際に建物を見て、状況を観察した上で正式な査定が行われます。

 

マンションと戸建て住宅では査定のポイントが異なり、マンションではターミナル駅から最寄り駅までの距離や、最寄り駅から物件までの距離が重要な査定項目となります。戸建て住宅は生活の快適さが重要なチェック項目となります。学校、病院、スーパーなど日常生活に必要な施設が近くにあるかどうかや、住宅の採光、主な部屋の広さ、水廻りの痛み具合などが査定項目となります。

 

その物件特有の事情も考慮され、隣家の状態や境界線の確定、ゴミ集積所からの距離など、細かな点も査定材料となります。業者の中には仲介の依頼を受けることのみを目的に、常識的な査定額よりもかなり高い査定をしてくるところもあるので、一社のみが以上に高い査定をしてきた場合には根拠を明確にさせる必要があります。

自宅売却を頼むなら大手不動産会社?地域密着型?

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

自宅を売却する場合は自分で買い手を探す方法も考えられますが、一般的には不動産会社に依頼することになります。不動産会社は大きく分けると大手不動産会社と地域密着型の不動産業者に分かれます。

 

不動産の売買を業として行う場合は宅地建物取引士がいる不動産業者として登録してある必要があります。

 

その要件さえ充たせば大手不動産会社であろうと、地元の不動産業者であろうと、不動産の売買は可能です。大手不動産会社と地域密着型の不動産業者は、それぞれが同じコンピューターネットワークで結ばれた販売情報を共有しています。物件と媒介契約の種類により、ネットワークに上げなくてよい物件情報もあり、また、買い手の情報もネットワーク上には掲載されません。

 

大手不動産会社と地域密着型の不動産業者の間で差があるのは、ネットワーク上に掲載されない独自の情報についてです。大手不動産会社の主な顧客は全国展開している会社や、一般の転勤族です。それに対して地域密着型の不動産業者の主な顧客は地域の個人事業者や一般市民です。

 

不動産を売却する場合は専属専任媒介契約ではなく、専任媒介契約を結ぶことで、複数の不動産業者に仲介の依頼をすることが可能です。その場合は、大手不動産会社と地域密着型の不動産業者を組み合わせて依頼すれば、買い手が見つかる可能性が広がります。

 

また、現代はインターネットにより売却物件の複数業者による査定を行ってくれるサイトもあるので、利用すると便利です。不動産査定サイトでは、大手不動産会社と地域密着型の不動産業者を組み合わせて査定させ、安く査定してくれる業者を探すシステムになっています。

 

地元の経済が順調で、不動産取引が活発な場合は、大手不動産会社よりも地域密着型の不動産業者の方が買い手を探せる環境にあると言え、都市部の景気がよく、地域の景気がそれほどではない場合は、大手不動産会社が買い手の情報を持っている場合が多いといえます。

自宅を「高く」「早く」売却するための戦略とは?

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

自宅を売却したいと考えたら、買い手を見つける必要があります。今まで大事に住んでいた自宅ですから、少しでも高い値段で売却したいと考えるのは当然です。

 

また、引っ越し先のこともありますから、高い値段で、そしてできるだけ早く売却したいと考えます。売却先としては、不動産屋さんが一般的ですが、全国規模の大手の不動産屋から、地域密着型の不動産屋さんまで数多く売却先があります。1つの不動産屋さんに依頼するのではなく、必ず複数の不動産会社から査定額を請求しましょう。

 

不動産会社にとっては、できるだけ安く買い取りたいと考えているので、1つだけの不動産屋に依頼したら、想像以上に査定額が低い場合があります。複数の不動産会社から査定を依頼すれば、その中間値が適切な査定額だと判断することができるので、これから売却するときの目安にすることができます。相場を知っておくことで自宅の価値を知ることにつながります。

 

大手不動産会社は信頼が厚いような気がしますが、できるだけ高く、そして早く売却したいときは、地域密着型の不動産屋に連絡して、まず査定をしてもらうといいでしょう。

 

地域密着型ということで、これまで同じ地域の住宅を多数取り扱ってきた経験をもっていますから、今までの売買歴から鑑みて、適切な査定額を出してもらうことができます。また、地域に密接していると独自の販売ルートをもっているので、売却したいと相談したらすぐにチラシなどの広告を発行したり、かねてから住宅購入希望の人に連絡をしてくれます。

 

そしてできるだけ高い価格で査定してもらいたいと考えたときは、査定前に外装だけでなく内装もしっかりチェックされますから、掃除できる部分は綺麗にしておくことが大切です。引き渡した後は専門のクリーニング業者が入ったり、リフォームが行われることが多いですが、綺麗にしておくことはマナーでもありますし、査定する人の印象を良くすることができます。

住み替えを機に自宅売却する時に気を付けたいこと

 

【自宅の売却・査定マニュアル】自宅を売る前に相場をチェック

 

住み替えによる自宅の売却は三つのことを同時に行わなければならないので、日程管理を慎重に行う必要があります。住み替えのための資金を得るためにも、自宅の売却先を見つけることを優先しなければなりません。売却の前にしておかなければならないのが、自宅の問題を解決しておくことです。抵当権が設定されていると売りにくくなるので、抵当権は事前に解除しておく必要があります。

 

敷地の境界について隣家と協議が付いてない場合は、早めに境界線を確定しておく必要があります。不動産の買い手を探す場合は不動産業者に依頼するのが一般的です。信用のおける不動産業者の場合は一社に依頼しても問題はありませんが、査定価格を比較するために、数社の不動産会社に査定を依頼するのが一般的です。

 

複数の不動産業者に依頼する場合は、地元に精通している個人経営の不動産業者や、全国展開している大手の不動産業者など、得意分野の異なる業者を組み合わせて査定を依頼すると効果的です。

 

知り合いの業者がいない場合は、ネット上で不動産査定比較サイトを利用すると便利です。自宅の買い手が見つかった時点で新居を探すと同時に、新築の場合は建物完成までの間に入居する仮住まいを探さなければなりません。

 

自宅の買い手が見つかる前に新居を見つけて契約することは、安い価格で売らなければならない状況をつくることになるので避けた方が無難です。仮住まいは新居となる敷地から遠くないところに確保しておく必要があります。

 

新居ができるまでには現場を見る機会が頻繁になるためです。建売を購入する場合は、仮住まいの必要性も含めて、日程を調整する必要があります。住み替えの場合は譲渡所得税の支払いを考慮する必要があります。

 

買い替えによって譲渡益が発生した場合は税金がかかることがあるので、事前に税務署等に相談し、元も税金のかからない方法を選択する必要があります。住み替えはいくつもの作業を同時にこなさなければならない大仕事です。家族が健康な時期に家族の協力を得て進めなければなりません。